ブラックでも借りれる厳選キャッシング情報

大手の消費者金融からのキャッシングでも銀行のカードローンでも、過去の金融事故でブラックになった事が理由でキャッシング審査落ちし困っているが、どうしてもいまブラックでもキャッシングが必要だ、ブラックでも借りれる業者を探しているという人は多いと思います。
このサイトでは

ブラックでも借りれる、厳選したキャッシング業者の情報

を紹介していきます。

ブラックは同じブラックでも、ブラックになってしまった理由もさまざまあります。
そもそもブラックでない人でも、クレジットカードやローンの利用情報は

個人信用情報機関

その個人情報と共に事細かに記録されています。

ブラックになっていない人でも金融業者を利用した人はデータとして記録されるものです。
返済情報に関して、金融事故とみなされるような延滞・自己破産などのブラックとなる情報がなければ、過去のキャッシング返済で例え数日の延滞経験者でも問題ありません。

キャッシングを延滞せずに返済している人でもこの信用情報記録は残されており、キャッシング利用後きちんと返済している人であるという証明でもあります。この情報が閲覧されてしまうことは決して悪い方向にばかり評価されるものでもなく、借りれる為には有効な情報でもあるわけです。
しかし逆にその記録としてブラックとなるような情報でも記録されてしまうと、

それまでは問題なくキャッシングで借りれる状態でも、ブラックが理由で

一変して借りれる可能性が低くなります。

そのブラックとなる金融事故の種類でとくに多いのは過去のキャッシングやローンなどでも返済が追いつかなくなってしまって

支払いを延滞してしまった延滞ブラックの人です。

キャッシングの返済期日を過ぎてしまった時点ですぐにブラックリスト入りするわけでもなく、1ヶ月経過してでもまだブラックには記録されず借りれる状態です。ブラックにはなりませんが、そのキャッシング業者内での管理情報ではなにかしらのマイナス情報としては記録されるかと思いますが、それでも他のキャッシング業者へも影響があるほどでもなくブラックのように情報共有される状態でもありません。まだ借りれる可能性はあります。

しかし支払いできない状態が

3ヶ月以上続いてしまうと延滞ブラックとして

ブラックリスト入りしてしまいます。

他のキャッシング業者でもこの情報はチェックされてしまいますから、借りれる業者が絞られてきます。

今後は最低でも5年はこの記録が消えません。

延滞していたキャッシング額を全て支払い、ブラックとなった理由が解決してから5年間なので、少しだけで返済していたりする状態でも、いまは借りれる状態でも、

そもそもブラックとなった

原因解決しない限りは延々とブラックリストの情報が残り続けてしまいます。

現在も延滞中でブラックの人はキャッシング業者から借りれる事は難しいままでもありますから、なるべく早期の解決の糸口をみつけるべきでしょう。
ブラックとなる他の理由は、ついキャッシングなどで多重債務となり自分自身の力では返済できないと判断して

弁護士へ相談をして自己破産や債務整理をしてしまった人

あるいは現在手続き中の人でもブラック扱いとしてみられることもあります。

この状態で新たに借りれる可能性は低いです。

しかし、キャッシングの破産手続きでブラックになった人でも、延滞でブラックの人よりも何かしらの策で借金を解決させようとしたという行動を起こしていますから、延滞ブラックよりは評価されて借りれるキャッシング業者もあるようです。
他にもブラックと見なされる原因は、

保証会社などが代わりにキャッシングの返済をしてもらう代位弁済

何度も短期間に申し込みを続けてしまった申し込みブラックなどでも

ブラック扱いとなり、新たにキャッシングすることは同じように難しくなり、なかなか借りれる業者が少なくなってきます。

しかし、比較的簡単にブラックでも借りれるキャッシング業者があります。

先ほどご説明したようにブラックリスト入りの申込者に対して、

特に厳しいのは大手のキャッシング業者です。

キャッシングで借りれる可能性はほとんど無いと言ってでもいいでしょう。

よく広告やCMなどで見るプロミスやアコムなどのキャッシング業者は大手に分類されますが、こういった所からキャッシングを受けようとしても、一流企業の人でも、公務員でも、正社員でも、たとえ高収入でも

ブラックでは借りれる前に審査落ちしてしまう可能性が非常に高いです。

大手の消費者金融はその認知度から、待っていてでも多くの人が毎日のようにでもキャッシングを希望する人が訪れ、常にスピーディーな審査を求められます。

その中でわざわざリスクを背負ってまでもブラックの人にそもそもキャッシングする必要がありませんし、いつまでも借りれる対象にないブラックの人の詳細を掘り起こしてでも審査をする必要がありませんから、ブラックの記録があった時点でキャッシング前に審査落ちという判断をします。

ラックの人が大手の消費者金融へ申し込むのはほとんど無謀な挑戦

でもあるでしょう。借りれることはまずありません。

いくらキャッシング時には安定した職業でも高収入でも、過去にブラックの金融事故履歴があれば、信頼がない人として見られてしまうので、どこか人間味のない寂しい感じもしますが、これが大手キャッシング業者では借りれる可能性が少ないという現実なのです。

一方で、ブラックでも借りれるキャッシング業者というのは、

大手ほど有名でもない状態でも健全な営業を続けている

中堅のキャッシング業者のことです。

もちろん、これら中小規模のキャッシング業者でも過去の延滞情報などの金融事故はデータとして照会されます。その度合によっては確かにこのブラックの情報のみでも借りれることなくキャッシング前に1発で審査落ちの判断となってしまうこともあります。

しかしほとんどの中小キャッシング業者はいまの収入が一定基準以上でもある事、安定した職である事、ある程度の年数は勤務実績があること、さらにきちんと返済意志がみられるかどうかでもチェックをされ、その結果によって借りれることもあります。

これらの基準がきちんとクリアできればブラックでも借りれるのです。

また、そのキャッシング業者によっては独自の審査基準を設けていてその基準をもクリアする必要があったりもしますが、その分キャッシング時の収入などが少ないブラックの人でも借りれる可能性はあります。

これらの中小キャッシング業者でも、申し込み者によって各項目の数値は違いますから、ブラックの人で審査が甘いといってもそれらの項目によって、キャッシング希望者で必ずしもブラックみな借りれるというわけでもありません。

それでも、審査落ちが続いてしまってキャッシングできなかったブラックの人でも大手よりは借りれる可能性が高いですから申し込んでみる価値はあるでしょう。そういう意味でもブラックの人が借りれる中小のキャッシング業者が存在する理由は大きいです。

大手で受けて審査落ちが続いていた人でも、その後に中小のキャッシング業者へ申し込むこともできますし、借りれる事が無いわけでもありませんが、先述の通り、短期間で何度も申し込みを続けてしまうと、金融事故のブラックでもない人がブラックと同じ扱いに見なされることもありますから、本来は借りれるのに、それでもキャッシングできずに審査落ちとされてしまうこともあります。初めから中小のキャッシング業者へと申し込むことによってその危険性も回避できますし、借りれるまでの時間も短時間で済むことになるでしょう。

中小のキャッシング業者でも独自の審査基準をもうけ、

さらに全体的に審査が甘い傾向となっている為に、

大手よりも借りれる事が多くなっています。

その分キャッシング業者側でも多くの人を対象にキャッシングをできるメリットがあります。

大手と同じような厳しいキャッシング基準にしていては借りれる人がとても少なく、

業者側の運営面でも収支面でも痛手です。

さらにキャッシング基準以外でも

サービス・対応面に関しても大手より柔軟な対応で借りれるとの

評判が中小にはあります。

機械的に自動審査を行う大手と違って、キャッシング審査の結果を判断する担当者も人間ですから同じ審査でも

直接きちんと話を聞いてくれて、なんとか借りれるよう
力になりたいと解決策を親身になってでも聞いてくれることが多い
ようです。

ですから借りれる可能性が高いのでしょう。

相手はキャッシング業者でも人間味あるやりとりができますから、大手では借りれる可能性が低いブラックの人でもきちんと対象としてみてくれて、かつどうしたらブラックの人でも借りれるのか、どうしたらキャッシング後も返済を続けられるのかを様々な方向からアドバイスしてくれます。

相手はキャッシング審査のプロでもありますから、過去にも同じようなケースで借りれる事ができたキャッシング利用者の情報などでも情報に長けているでしょうから、それらの情報でも解決の糸口として見出す為に活用しようと、利用者が借りれるよう様々な事柄を細かく質問されることもあるようです。

しかしそれはもちろん、大手のようにブラックだからと1発でキャッシングを断るわけでもなく、あくまでどうにかしてでも借りれる方法、キャッシング後に返済できる方法を見出すためのやり取りでもあるわけですから、面倒くさがらずにきちんと協力すべきです。

最近はスピード審査・即日キャッシングをウリにして、こういった来店の必要がなく、遠方でもブラックの人を審査対象とし、ネットからの申し込みの後、電話のやり取りのみでも審査を行い、希望の銀行口座へと振り込みでも借りれるキャッシング業者が増えてきました。

その際に勤務先へ電話で在籍確認をとる業者がほとんどで、

キャッシング業者の名前を出したりなどはせずにきちんと個人名を名乗って電話をします。法律でもキャッシングを受けている事実を第三者へ漏らしてはいけないということになっていますから、業者側でもきちんと心がけを行っています。

また、どうしても電話はやめてほしいという希望でも対応してくれることがあり、社員証や給与明細や名刺などでも在籍確認としてキャッシングしてくれる事もありますから、

これ以外にも様々な融通を利かせた対応をしてくれるのも中小キャッシング業者の特色でもあります。

ブラックでも中小のキャッシング業者であれば借りれる可能性が大いに残されています。

ブラック以外でも他社でキャッシングを断られてしまった

学生やアルバイトでも、主婦でも水商売の方などでも対象

として借りれる中小業者がありますから、気軽に相談をしてみましょう。

大手よりも簡単に借りれる事実に驚かれる方もいると思います。

ブラックでも借りれる業者はまだまだあります。ブラックでも諦める必要は全くありません。