ブラックでも借りれるのは中小の消費者金融

キャッシング業者は全国に約2000社近くありますが、その規模も違いますし、貸し付け条件も違います。そしてその審査基準も業者によって違いますので、いままでなかなか新規で申し込みをしてもキャッシングできなかった人も、審査の甘い消費者金融であればキャッシングできたりすることももちろんあります。
大手の消費者金融は審査が厳しいといわれています。

大手の消費者金融はお金がありますから、宣伝広告費に多くのお金をかけて、テレビで有名なタレントさんを使ってCMをつくったり、電車の広告などでもその会社名をみたことがあります。人間とは不思議なものでああいったたくさんの宣伝を見ているうちに、信頼できる業者、安心して取引できる業者、どこか身近にすら感じたりもします。

また、サービス面でもスピード審査、最短30分で即日融資、あとは30日間無利息だったり、利用する側にとってメリットの多いサービスをいろいろ手がけています。一見、とても利用しやすそうに見える大手の消費者金融ですが、その審査基準は高く、ブラックの人が借り入れできることはほとんどなく、

審査の段ほぼ100%通過できずに融資を断られてしまいます。
大手の消費者金融はお客さんがたくさんいますから、ブラックの人はもしかしたら貸し付けても戻ってこないリスクをわかった上で貸し付けるようなことはしません。

やはりできれば融資はしたくないですし、実質ブラックの人を相手にしなくても大手の消費者金融にはお客さんが多数いるわけですから、ブラックではない、きちんと返済をしてくれる人だけにターゲットを絞って取引していればいいわけです。
その一方で中小の消費者金融は、そのように大手にばかりお客さんがとられてしまっていますから、運営の面では苦戦を強いられています。

ですからブラックの人でも貸し付けをして、運営を続けているわけです。大手で断られてしまったブラックの人も多く中小の消費者金融へ流れてくるので、ブラックの人も無視はできません。

逆にブラックでない人はほとんどが大手の消費者金融で借り入れできていますから、中小の消費者金融へはなかなか来ませんので、ブラックリスト入りしている人でも貴重なお客さんです。

ブラック入りしていてもその事実は過去のこととしてとらえ、それよりもいま現在どれくらい収入があって、どういった職業についているのかなどを総合的にみて判断してくれます。

大手の消費者金融で断られてしまった人も中小の消費者金融であればブラックでも借り入れできる可能性は高くなります。